サラリーマンは腕時計をしていた方が無難という話

携帯電話やスマホが普及してきたことによって、腕時計をしない人が増えてきています。

若い人はもちろんですが、それなりの年齢でも時間の確認はスマホで行っているという人も多いのではないでしょうか。

確かに、理にかなってはしますし、節約にもなります。

それでも、サラリーマンであれば腕時計はしておいた方が無難ではないでしょうか。

特に営業職であったり、大手企業に勤めている人は腕時計をしておいて間違いはないでしょう。

営業職や大手企業で勤務する人達は、多くの人と接するからです。

殆どの人は時間の確認をスマホで行うことに対して、違和感を持つようなことはないかもしれません。

しかしながら少し年配であったり、古き良き行動様式などを大切する人達もいます。

そのような人達は、話をしている途中にスマホを出して時間を確認することを気持ちよく受け入れてくれるでしょうか。

また、腕時計をしていないというだけで、未だにだらし無いという偏見を持つ人も中にはいるのです。

ですから、自分で出会う人をコントロールができなく、かつ幅広い年齢の人達と接する可能性が高いサラリーマンは、腕時計をしておくのが無難でしょう。

腕時計をしていないという理由だけで、評価を下げるようなことはないようにしたいものです。